比較ランキング

毎日飲む青汁だから最高の物に出会いたい!後悔しないための青汁選びの秘訣とは

投稿日:

テレビの通販番組やCMでも、たまに取り上げられることがある青汁。

野菜の栄養素を気軽に補うことができ、更には便秘も解消できる健康ドリンクとして有名ですが、その効果をあまり知らない方も多いかと思います。

しかし、青汁は便秘を解消してくれるだけではなく、実は様々な効果がある万能ドリンクなんですよ。

そこで今回は、そんな青汁の魅力と自分にとって最高の青汁に出会うためのポイントを、みなさんに紹介しちゃいましょう!

青汁は意外にスゴイ飲み物だった!その魅力をおさらいしましょう

『マズイ!もう一杯!』

なんてキャッチフレーズから連想されるように、青汁は“苦い・不味い”なんてイメージが強い飲み物と思う方も多くいますが、実は青汁ってすごい飲み物なんですよ。

そんな青汁の魅力を再認識するためにも、現代社会に生きる私たちに迫ってきている、ある懸念から紹介していきたいと思います。

実は日本人の7割が“野菜不足”なんです!

現代の日本における食事って、どっちかと言うと“和食”よりも“洋食”がメインになっていますよね。

つまり、昔と比べて食生活は年々変化していて、その影響で現代人は栄養が偏りやすく、野菜を食べる量も年々減ってきているんです。

これは厚生労働省が調査した調査で実際に明らかになっており、推奨している野菜の目標摂取量の“1日350mg”に満たしている方は20代で8人に1人30代では10人中1人とほとんどの人が“野菜不足”になっている状態だとわかっています。

野菜には人間が生成できない栄養がたくさん入っていて、体の調子を整える効果があるのですが、野菜不足になってしまうと栄養不足になってしまい、便秘などの軽い症状から生活習慣病といった重い病気まで、様々な症状が現れてしまうんです。

青汁はこんなにスゴイ飲み物だった!?

そんなみなさんのすぐそばまで来ている『野菜不足』を、簡単に解消してくれるのが青汁なんです。青汁にはビタミンやミネラル類、更には食物繊維まで多くの栄養がバランスよく、そして豊富に含まれています。

そのため、毎日飲むことでみなさんの野菜不足を解消し、便秘の解消や成人病の予防など、様々な効果を発揮してくれるんですよ。

青汁と野菜を比較するとこんなにも違いが表れます!

「単に野菜不足なら、野菜を食べれば問題ないのでは」

そう思う方も多いと思いますが、実は青汁って野菜よりも手軽に栄養を補うことが出来る飲み物なんです。わかりやすく摂取の手軽さと値段を見てみましょう。

値段が段違い!

青汁1杯に含まれる栄養を野菜で採ろうとすると、多くの野菜を摂る必要があります。季節にもよりますが、その値段は青汁の約2倍。

これを毎日摂ることを考えると、青汁の方がかなり安く感じるはずです。

時間もこんなに差が生まれるんです

生野菜を一番簡単に食べることが出来るサラダにするにも、切って洗って器に盛って・・・と時間も手間もかかってしまう上に、ドレッシングをかけるとカロリーも多くなってしまいます。

しかし青汁はコップに入れた水に溶かすだけなので、すぐに栄養補給することが出来るんです。

最高の青汁に出会うために最低でもおさえてほしいポイントがコレ!

そんな青汁は最近、便秘解消効果だけではなく美容にもいいと再注目され、数多くの商品が販売されています。そのため、自分に合った最高の青汁に出会うのは困難なはず。

そこで、青汁を選ぶときに最低でもおさえておいて損はない、3つのポイントを紹介していきましょう。

青汁に使われている原料の特徴は覚えておきましょう

青汁は大きく分けて、『大麦若葉・明日葉・ケール・桑の葉』の4つが主原料として使われます。それぞれの特徴や成分を覚えておくことで、自分に合った青汁を見つけやすくなりますよ。

大麦若葉

大麦若葉の特徴はビタミンやミネラル類、食物繊維のほかに3大栄養素の糖質・たんぱく質・脂質も含まれている、大変栄養バランスが整った原料です。

更に強い抗酸化作用を持つSOD酵素も含まれており、青汁の中でもスッキリ美味しく飲めるため、ほとんどの青汁がこの原料を使っています。

明日葉

明日葉はビタミン類がほかの青汁よりも多く含まれており、さらに『カルコン』と言うポリフェノールの1種が豊富に含まれています。

このカルコンは、強い抗酸化作用や老廃物を排出する効果があり、アンチエイジングをする方は、摂っておいて損はない成分なんですよ。

味は単体で摂ると、独特なクセがあります。

ケール

『苦い!もう一杯』のイメージを定着させたのはこの原料です。

しかしケールは、ビタミン類やカルシウムなどのミネラルも豊富で『緑黄色野菜の王様』なんて言われるほど、野菜としての栄養価は高い野菜になります。

桑の葉

桑の葉は古くから薬草としても使われていた原料で、近年はDNJと呼ばれる糖質分解酵素の働きを助ける効果がある成分が注目され、糖尿病予防やダイエット効果といった様々な観点から注目されている原料になります。

しかも味も明日葉やケールより飲みやすいので、お茶としても飲む方もいるほどなんですよ。

価格と品質のバランスが決め手になります

自分に合った原料を選ぶのも重要なポイントの1つですが、青汁を選ぶうえで一番注目してほしいのが、価格と品質のバランスです。

価格はどれくらいが一番いいの?

青汁は薬ではないため、継続していくことが大切です。そのため、毎月続けられる価格で購入できる青汁を選ぶのは大前提として捉えておきましょう。

品質はどう注目したらいい?

青汁は当然ですが、“飲む”健康食品ですよね。そのため、いくら安くても原料が国外の物を使っていたり、製造工程が不透明だったりすると飲みたくないはず。

しかも青汁に限りませんが、国外で採れた原料でも国内で加工すれば『国産』と表記してもいいんです。

そのため、青汁を選ぶときは納得できる品質、1杯あたりの金額に注目して選ぶようにしましょう。

価格と品質のバランスの目安となる値段はいくらなの?

青汁の中には、価格がかなり安い商品もありますが、そういったものはだいたいが原料に外国産の物を使っています。

国産原料を使っている物を選ぶときは、1杯あたり100円からの物を選ぶようにしてください。

原料100%と原料をブレンドした青汁 何が違う?

また、青汁は原料100%と複数の原料をブレンドしている青汁の、2種類に分けることができます。

原料100%の青汁はとにかく『苦い』の一言に尽きますが、ブレンド青汁は味にこだわっている物や、栄養成分にこだわっている物など様々あります。

中には、錠剤タイプなどのユニークな青汁もあるので、飲みやすさを選ぶなら迷わずブレンド青汁を選ぶのも一つの手ですよ。

最高の青汁はコレ!おすすめの青汁ランキング!

そんな数ある青汁の中でも、私がイチ押ししている青汁をランキング形式で紹介していきたいと思います。自分に合った最高の青汁を見つけるためにも、参考にしてみてくださいね。

第1位 極の青汁

極の青汁はサントリーから販売されている青汁です。
サントリーと言えば、多くの飲料品を販売している大手企業の1つ。そんなサントリーが『日本人の野菜不足を真剣に考えて』、極の青汁づくりに取り組んでいます。

そんな極の青汁は、国産の大麦若葉と明日葉の2つを主原料として使っており、原料調達の段階から、担当者が直接現地に足を運び、栽培状況や品質を確認するほど、徹底した管理を行っているんです。

更に製品に加工する工場でも、国が定める以上の品質基準を設け、高品質の青汁づくりに力を入れています。

また、極の青汁には野菜ポリフェノールの1つで、抗酸化作用や成人病の予防にも繋がる『ケルセチンプラス』を独自配合することで、野菜の力を効率よく吸収できているんですよ。

その上、飲料メーカーならではのこだわりが、極の青汁の『味』です。健康のために毎日飲むことを考えて、サントリーは極の青汁に宇治煎茶や愛知県産抹茶を配合し、日本茶の様な味わいを再現しています。

そのため、毎日おいしく飲みながら栄養をしっかり摂れる青汁に仕上がっているんです。

極の青汁をオススメする人

とにかく『飲みやすい青汁』が良い!

青汁をまだ飲んだ事がない方や、青汁の独特な苦みや臭みが苦手な方って多いはず。しかし、極の青汁は抹茶や煎茶を配合しているので、青汁特有の苦みが全くないため、日本茶のような味わいで飲むことができるんですよ。

飲みやすさ・効果・値段のバランスを重視したい!

飲みやすい青汁はどうしても抹茶や煎茶を配合しているため、栄養が少なくなってしまいがちですが、極の青汁は違います!ケルセチンプラスを配合しているため、青汁の栄養を効率よく吸収しやすくしているんですよ。

人気の青汁を試してみたい!

極の青汁は累計2億杯を突破するほど、多くの方にのまれているのが特徴で、お客様満足度が97%、継続以降度が99%と高い数字をたたき出しています。

これは飲みやすい青汁ということでも、注目できるポイントですね。

極の青汁の特徴と価格まとめ

内容量 通常サイズ30包(約10日~30日)
徳用サイズ90包(約30日~90日)
価格 通常サイズ3,600円+税(定期コース3,240円+税)
徳用サイズ9,000円+税(定期コース8,100円+税)
1日当たりの価格 通常サイズ120円(定期購入108円)
徳用サイズ100円(定期購入90円)
特徴 ・国産原料を高品質の青汁として加工
・ケルセチンプラスを独自配合
・日本茶の様な味わいで毎日続けやすい!
主原料 ・大麦若葉(熊本県阿蘇産)
・明日葉(鹿児島県屋久島産)
・抗酸化ルチン(ケルセチンプラス)
味(飲みやすさ) 抹茶風味(かなり飲みやすい)

第2位 ふるさと青汁

ふるさと青汁は、マイケアから販売されている、明日葉メインの青汁です。

栄養バランスが良く、特にビタミンを豊富に含む明日葉は、カルコンと呼ばれるデトックス効果や美容効果に役立つポリフェノールを多く含んでいる、日本原産の葉野菜。

ふるさと青汁はそんな明日葉を葉っぱから根っこまで、文字通り“丸ごと”使っている青汁なんですよ。

更にクセの少ない国産の大麦若葉や桑の葉も加えることで、抹茶風味で飲みやすい青汁に仕上がっています。

そんなふるさと青汁は、GMP認定工場でいくつもの検査だけではなく、目視や味、香りや真剣さなど厳しい検査をこまめに行い、安心して飲める青汁づくりに力を入れているんですよ。

ふるさと青汁をオススメする人

妊娠していても安心して青汁を飲みたい!

ふるさと青汁はマタニティマークとタイアップするほど、品質の高い青汁です。しかも、妊娠中には気を付けたいカフェインも全く入っていません。栄養をしっかり摂ることができるのでオススメなんですよ。

脚痩せに挑戦したい!

多くの女性が抱える脚の『むくみ』。
実はこれ、脚に溜まった水分が原因なんです。カルコンを多く配合しているふるさと青汁は、デトックス効果により、体の老廃物と水分を排出し、むくみを解消して脚痩せ効果を生んでくれます。

老化防止と美容効果を一緒に摂りたい!

カルコンは抗酸化作用に優れ、体の中に存在する活性酸素を抑制する力もあります。さらに明日葉にはビタミンが豊富に含まれているため、美容にうれしい栄養もしっかり摂ることができるんですよ。

ふるさと青汁の特徴と価格まとめ

内容量 30包(約1カ月分)
価格 単品購入3,800円+税
定期コース3,420円+税
1日当たりの価格 127円(定期コース114円)
特徴 ・明日葉を丸ごと使用
・マタニティマークとタイアップしている
主原料 ・明日葉(東京都八丈島産)
・大麦若葉(熊本県・大分県産)
・桑の葉(島根県産)
味(飲みやすさ) 抹茶風味(ややクセがあります)

第3位 黒糖抹茶寒天ジュレ

興和新薬から販売されている黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、青汁の中でも珍しい『ゼリータイプ』の青汁です。青汁独特の粉っぽさが無く水に溶かす必要もなくなるので、持ち運びに苦労せず気軽に青汁を摂ることが出来ます。

原料にクマイザサをメインに使い、明日葉やケールなどの植物原料を発酵させた特別エキスも配合しています。更にヒアルロン酸や乳酸菌も配合しているので、美容効果やデトックス効果も期待でいる青汁に仕上がっているんですよ。

また、味にも抜かりはありません。抹茶と相性がいい黒糖やココナッツパウダーを使い、奥行きのある甘みを引き出しているので、美味しく続けることが出来ますよ。

そんな黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、GMP認定工場で製造しており、日本健康・栄養食品が定める品質規格をクリアし、JHFAマークを取得しているほど、安心感のある青汁として、みなさんのお手元に届けられているんです。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレをオススメする人

頑固な便秘を何とかしたい!

サツマイモの29倍の食物繊維と、水溶性食物繊維が非常に多いため、健康的に便秘を解消することができます。これならお薬いらずですよ。

液体青汁のにおいがダメ!

天然甘味料の黒糖を使っているため、青汁のにおいや味は一切感じません。ほのかに抹茶の風味があって、美味しくいただくことができますよ。

外出先でも水なしで青汁を飲みたい!

珍しいゼリータイプ、しかもスティックタイプの青汁なので、外出先でも気軽に食べることができますよ。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレの特徴と価格まとめ

内容量 30包(約1カ月分)
価格 通常購入4,320円
定期コース※1 2160円※2 ~3,888円※3
1日当たりの価格 144円(定期コース72~130円)
特徴 ・珍しいゼリータイプの青汁
・食物繊維が豊富
・ヒアルロン酸などが美容効果を生みます
主原料 クマイザサ(北海道産)
植物発酵エキスなど
味(飲みやすさ) 抹茶風味(かなり飲みやすい)
※1 最低3回の継続が条件となります
※2 初回のみこの価格になります
※3 2回目以降はこの価格になります

第4位 ユーグレナの緑汁

みなさんもちょっと前に聞いたことがある、『ユーグレナ(ミドリムシ)』を使った青汁です。

ユーグレナの特徴は、なんといっても栄養バランスの良さ。ビタミンやミネラルはもちろん、アミノ酸や魚が持つDHAやEPAなど、合計59種類の栄養が含まれているんです。

これだけでも栄養価が高いと思いますが、特有成分のバラミロンは、体内に溜まる不要な脂肪を吸着除去してくれる優れものになります。

飲みにくさは多少ある物の、栄養価の高さとデトックス効果には定評があるんですよ。

ユーグレナの緑汁をオススメする人

今話題のミドリムシを摂ってみたい!

多くの青汁の中でも、ミドリムシと一緒に摂ることができるのはかなりまれなんですよ。

二日酔いに効果がある青汁を飲んでみたい!

お酒を飲む量にもよりますが、ユーグレナの緑汁は二日酔い対策としてもかなり効果的です。

コスパのいい青汁を探している!

ユーグレナの緑汁は自動販売機の缶コーヒー1本分で、多くの栄養を補給できるため、コスパにかなり優れています。

ユーグレナの緑汁の特徴と価格まとめ

内容量 31包(約1カ月分)
価格 単品購入 4,200円+税
定期コース 3,780円+税
1日当たりの価格 135円(定期コース 122円)
特徴 ・59種の栄養素を含むユーグレナ(ミドリムシ)を使っている
・ユーグレナは植物特有の細胞壁が無いため、吸収率が高い
主原料 ・大麦若葉(ニュージーランド産)
・ユーグレナ(石垣産)
・明日葉(インドネシア産)
味(飲みやすさ) 抹茶風味(ややクセがあります)

第5位 健康道場 粉末青汁

サンスターから販売されている、健康道場の粉末青汁は、緑黄色野菜の中でも特に栄養価が高い、国産の原料を5つに厳選して使っているため、1杯飲むだけで野菜の栄養を補うことが出来ます。

また、保存料や着色料を一切使わず、水に溶けやすくするつなぎとなるデンプンなども一切入っていないため、添加物に悩む妊婦さんでも安心して青汁を飲むことが出来るんですよ。

健康道場 粉末青汁をオススメする人

とにかく野菜不足を解消したい!

粉末青汁はたった1杯で野菜100g分の栄養を摂ることができるので、野菜不足を簡単に解消することができます。

無添加の青汁を求めている!

粉末青汁は5種類の野菜に厳選して、その原料のみで構成された青汁です。無添加なので気軽に飲むことができます。

王道の青汁を飲みたい!

粉末青汁は野菜のみを原料としているので、青汁特有の『苦み』や『クセ』が強いです。“良薬は口に苦し”と思って青汁を求めている方におすすめです。

粉末青汁の特徴と価格まとめ

内容量 30包(約1カ月分)
価格 単品購入 4,500円+税
定期コース 4,050円+税
1日当たりの価格 150円(定期コース 135円)
特徴 ・国産原料を5つに厳選
・1杯あたりの量がスゴイ!(1包10g)
・添加物一切なし!
主原料 ・ブロッコリー(宮崎県産、鹿児島県産など)

・ケール(宮崎県産、大分県産など)

・大麦若葉(福岡県産、大分県産など)

・明日葉(東京都八丈島産)

・モロヘイヤ(島根県産)

味(飲みやすさ) 抹茶風味(ややクセがあります)

第6位 ステラの贅沢青汁

ステラの贅沢青汁は、2年の歳月と500を超える素材の中から厳選した、国産のクロレラ・ケール・長命草の3つだけを使用している青汁です。

クロレラには免疫力を高める効果や血圧・コレステロールを抑える効果があり、ケールは野菜の王様と呼ばれるほど栄養価に優れています。また、長命草は1株食べれば1日寿命が伸びると言われるほど、生命力の強い素材です。

そんな栄養価に優れた3種類の原料を、粒タイプにすることで誰でも簡単に飲めるようになっているのが、ステラの贅沢青汁の大きな特徴になります。

栄養価が高い反面、独特な青臭さがあったケールを粒タイプに凝縮することで、苦みを感じることなく飲み続けることが出来るように仕上がっているんですよ。

ステラの贅沢青汁をオススメする人

青汁独特の苦みがいや!

ステラの贅沢青汁は錠剤タイプの青汁なので、味を気にすることなく続けることができます。

全く安全性に問題のない商品が良い!

ステラの贅沢青汁に使われているクロレラ・ケール・長命草は、いずれも国産の原料を使っているため、安心して飲むことができます。

手軽に青汁を摂りたい!

青汁を作るときに面倒な、『かき混ぜる』行為をしなくてもいいため、どこでも簡単に青汁の栄養を摂ることができます。

ステラの贅沢青汁の特徴と価格まとめ

内容量 90粒(約30日分)
価格 ・通常購入 4,743円+税
・定期コース 980~3,073円
1日当たりの価格 158円(定期コース 33円~102円)
特徴 ・ビタミンやミネラルなどあらゆる栄養を補える“粒タイプ”の青汁
・30日間の返金保証付き
・解約に制限がない
主原料 ・ケール(九州産)
・クロレラ(福岡県産
・長命草(与那国産)
味(飲みやすさ) 味なし(飲みやすさはあまり関係ありません)

第7位 めっちゃぜいたくフルーツ青汁

人気モデルで、りゅうちぇると結婚したぺこちゃんが毎日飲んでいるフルーツ青汁が、このめっちゃぜいたくフルーツ青汁です。

大麦若葉をベースになっている青汁ですが、食物繊維が豊富なクマザサや明日葉など人気の青汁原料を使い、更に181種類の酵素や乳酸菌も配合されているんですよ。

また、ダイエット時に気になる肌荒れ対策として、セラミドやプラセンタ、ヒアルロン酸などの美容成分も配合されています。

まさに『めっちゃぜいたく』なフルーツ青汁として、女性にもオススメな青汁ですよ。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁をオススメする人

ダイエットのために青汁を始めたい!

181種類の酵素や乳酸菌が体脂肪にアプローチをかけてくれます。また、フルーツ風味のため、少量で満腹感が得られるのもポイントです。

美容にもうれしい青汁を飲みたい!

ヒアルロン酸・セラミド・プラセンタといった、3大美容成分を配合しているので、飲み続けることで美肌効果にも効果があります。

置き換え食として青汁を使いたい!

めっちゃぜいたくフルーツ青汁は1杯たったの11.7kcalなので、1日の栄養を充分に補給できるので、置き換えダイエットにも最適ですよ。

めっちゃぜいたく青汁の特徴と価格まとめ

内容量 30包(約1カ月分)
価格 単品購入5,980円+税
定期コース※1 680円+税※2 ~3,980円+税※3
1日当たりの価格 199円(定期コース23円~133円)
特徴 ・181種類の酵素がダイエットをサポート!
・こだわりの国産青汁素材を3種も使用!
・美容成分6種配合で女性もうれしい!
主原料 ・大麦若葉
・クマザサ
・明日葉
他多数配合
味(飲みやすさ) フルーツジュース(かなり飲みやすいです)
※1 最低5回以上の継続がお約束となります
※2 初回限定となります
※3 2回目以降はこの金額となります

まとめ

みなさんの健康状態は様々ありますが、そのほとんどの引き金になっている“野菜不足”。気軽に解消していくためにも、青汁を飲んでおいて損はありません。

青汁はみなさんの野菜不足の解消だけではなく、美容効果やアンチエイジング効果など、様々な魅力がギュっと詰まったスーパードリンクです。

しかし、薬のように即効性がないため、毎日続けていくことがキーポイントです。

そんな青汁を選ぶときには、今回紹介した

  1. 原料
  2. 価格と品質のバランス
  3. 青汁以外の原料や形

の3つに注目して選ぶようにしてくださいね。

野菜不足を解消し、毎日健康に過ごしていくためにも、まずは青汁から始めていきませんか?

-比較ランキング



Copyright© 青汁ワントゥースリー|おすすめの青汁ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.