ふるさと青汁

ふるさと青汁と添加物の関係性をチェック!添加物が引き起こす影響とは

投稿日:2017年12月20日 更新日:

添加物には、体に多大な悪影響を与えるものがあります。

もちろん全ての添加物が悪いわけではありませんが、過剰に摂取することで時には重大な病の原因になってしまうこともあるんです。

そしてそれは、体に良いとされている青汁も例外ではありません。

青汁によっては添加物がたくさん使われている商品もあるので、知らないで飲んでいるといつの間にか体に悪影響が出ていたなんてことにも。

そんなこわい添加物ですが、『ふるさと青汁』ならその心配は不要です!

ふるさと青汁は、

  • 明日葉をまるごと使っている
  • 栄養素たっぷりの野菜を使用
  • 国産の野菜を使っているので品質が高い

といった、3つの特徴がある青汁です。

今回はふるさと青汁と添加物の関係性についてお話していきます!

添加物っていったいどういうものなの?

そもそも添加物って、なんとなく「体に悪い」というイメージしか持っていない人が多いんです。

確かに「添加物って何?」と聞かれると、咄嗟には答えられないですよね。

そこで、ここでは添加物とは何なのかについておさらいしていきます!

添加物といってもたくさんの種類があった!?

実は添加物と一言で言っても、たくさんの種類があるんです。

食べ物に甘みを加えるものから色調を調整するもの、かびの発生を防止するものなど、その種類はさまざま。

今回のテーマは『ふるさと青汁と添加物』なので、青汁に関係のある添加物を確認していきましょう。

青汁に使われる添加物一覧

青汁によく使われる添加物と言えば、

  • 甘味料
  • 保存料
  • 香料
  • 栄養強化剤
  • 着色料

といった5つ。

しかしこれらの添加物って、どうして使われるのか気になりますよね?

添加物をほとんど使っていない青汁もあるので、その差が何なのか調査してみました。

添加物はどうして使われるの?

青汁に添加物が使われる理由は3つありました。

それは、

  • 味の調整がしやすい
  • 価格を抑える
  • 見た目を良くする

ということです。
1つずつ理由を見ていきましょう!

味付けがしやすい

添加物の甘味料には、砂糖の何百倍という甘さを感じることができるものがあります。

それを使うと簡単に甘さをつけることが可能になるんです。

価格を抑える

また砂糖の話になりますが、同じ甘さを出すのに10キロの砂糖と100グラムの甘味料を使うなら、どちらが価格を抑えることができるでしょうか?

答えは簡単。甘味料のほうが安くつくんです。

このように、添加物は価格を抑えるために使われることがあるんです。

見た目を良くする

例えば、どす黒い色をしたトマトジュースと真っ赤で鮮やかなトマトジュース、あなたならどりたをを飲みたいと思いますか?

ほとんどの人が、真っ赤で鮮やかなトマトジュースを選ぶはずです。

添加物を使い見た目を良くすることで、購買意欲の向上または美味しそうな商品にすることができます。

添加物で引き起こされる症状や副作用をチェック!

添加物は、見た目や味・価格を抑えるために使われることがわかりました。

しかし、添加物によっては体に悪影響があることを忘れていませんか?

ここでは添加物が引き起こす症状や副作用についてお伝えしていきます。

いったい体にどんな影響があるのでしょうか?

カフェインの体への影響とは

カフェインの摂取量は日本では規定がありませんが、海外では1日の摂取量が決まっています。

そのため、今後日本でもカフェインの摂取量に上限が決まる可能性が非常に高いんです。

そんなカフェインの効果として、

  • 集中力が上がる
  • 眠気覚まし

などがあります。
しかしカフェインを摂り過ぎると体にある症状が現れるんです。

それは、

  • めまい
  • 動悸
  • 吐き気

などの症状です。
また、妊婦さんは特にカフェインには注意しなければいけません。

妊婦さんがカフェインを摂取することで、流産のリスクが上がってしまうんです。

カフェインにはこのように良い点も悪い点もありますので、気をつけましょう!

人工甘味料が使われている物には要注意!?

砂糖の何百倍もの甘さを出すことができる甘味料ですが、これも摂り過ぎると体に影響が出始めます。

人工甘味料を摂取し過ぎることで、

  • 血糖値が上がる
  • 糖尿病のリスクが高くなる
  • 太りやすくなる

といった影響があるんです。
また、人工甘味料の種類には、

  • アスパルテーム
  • スクラロース
  • サッカリン

などあります。
人工甘味料はいろんな食べ物や飲み物に含まれているので、目にする機会も多いはず。

糖尿病を予防するためにも摂り過ぎには気をつけましょう!

ふるさと青汁の中に添加物は入っているのか?

添加物について詳しくなったところで、ここからはふるさと青汁についてお伝えしていきます。

ふるさと青汁は添加物の危険性がないという事ですが、それが本当の事なのか確認しましょう!

原材料を見て添加物が含まれていないかチェック

添加物が含まれているかを確認するには、原材料を確認するのが一番手っ取り早い方法です。

ではさっそく、ふるさと青汁の原料を見てみましょう!

明日葉 葉茎末 難消化性デキストリン 直鎖オリゴ糖
明日葉根末 桑の葉末 大麦若葉末

明日葉・大麦若葉・桑の葉は、ふるさと青汁に使われている野菜なので、添加物ではありません。

しかし『難消化デキストリン』と『直鎖オリゴ糖』の2つ、実は『添加物』なんです!

ですが不安に思う必要はありません。

というのも、この2つの添加物は摂取しても体に影響が出ることはないんです!

難消化デキストリンと直鎖オリゴ糖は摂取しても問題なし?

難消化デキストリンと直鎖オリゴ糖は確かに添加物ですが、体への影響はない安心な添加物となっています。

それぞれどういった添加物なのか見てみましょう!

難消化デキストリンは体に良い成分

難消化デキストリンは、トクホにも認められている成分です。

トウモロコシのでんぷんから作られていて、食物繊維を増やす目的でふるさと青汁には使われています。

直鎖オリゴ糖は”天然”甘味料

直鎖オリゴ糖はでんぷん由来の天然な甘味料です。

天然の甘味料のため人工甘味料のような体への悪影響はありません。

原料の品質も問題なし?化学肥料は使われているの?

ふるさと青汁には難消化デキストリンと直鎖オリゴ糖といった添加物が含まれていましたが、体への影響がないことがわかりました。

しかし、添加物だけが体に悪影響を与えるわけではありません。

青汁に使われる野菜に、化学肥料が使われているかどうかも重要なポイントです。

化学肥料は、言わば土の添加物。
土に化学肥料という栄養を与えることで、野菜も栄養を吸収します。

これだけ聞くと何が悪いの?と疑問に思ってしまいますよね。

化学肥料が良くない理由、それは”土の元気がなくなっていく”ということなんです。

化学肥料で栄養を与えられた土で栽培される野菜は、さらに化学肥料の量を増やさなければ育てることができません。

しかし、農薬や化学肥料をふんだんに使った野菜が体に良いわけがないんです。

そのため、原料に使われている野菜の栽培方法も重要になってくるんですね。

ふるさと青汁は無農薬栽培した野菜のみを使っており、農薬・化学肥料の心配は一切ないので安心してくださいね!

まとめ

添加物は種類によって体に悪影響を及ぼすことがあります。

添加物の悪影響として、めまい・吐き気・血糖値の上昇などがあり、これらの症状には気をつけなくてはいけません。

ふるさと青汁にも添加物が2つ使われており、

  • 直鎖オリゴ糖
  • 難消化デキストリン

が含まれています。
しかしこの2つの添加物は体に悪影響がない安全なものなので、ふるさと青汁の添加物を気にする心配はありません。

つまり、飲んでも安全な青汁といって問題ないでしょう。

添加物が気になってふるさと青汁を飲むのを躊躇っていた人は、これを機に試してみてはいかがでしょうか?

-ふるさと青汁



Copyright© 青汁ワントゥースリー|おすすめの青汁ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.