比較ランキング

トクホの青汁って効果があるの?後悔しない青汁選びはココに注目!

投稿日:2017年10月2日 更新日:

みなさんも特定保健用食品、通称『トクホ』のマークがついた食品を目にしたことはあると思います。

トクホは健康に効果があるものとして国が認めた食品のことを指し、今では1,000品目以上の食品が表示を認められているんです。

そんなトクホって、実は一言で言っても色々な種類の食品が存在し、効果や効能が違ってきます。

  • 体に脂肪がつきにくいもの
  • おなかの調子を整えるもの
  • コレステロールの吸収を抑えるもの

などなど、自分の期にある部分を重点的に改善してくれるのが特徴的です。

そんなトクホの商品の中に、青汁もあるって知っていましたか?

今回は、そんなトクホの青汁の特徴や種類、効果効能について紹介していきたいと思います。

トクホ(特定保健用食品)って何?

そもそもトクホは、「保険機能成分の有効性を表示していい」と認定を受けた食品のみに、つけられている証票です。つまり、トクホに認定されると「効果や効能を大っぴらに謳っても大丈夫」になります。

また、国から認められた食品として、消費者に与える安心感や安全性といったイメージは、トクホじゃないものと比べると、まったく違ってきますよね。

しかし、トクホに認定されている食品って一部だけで、国が定めた

  • 体の調子を整える成分が配合されていること
  • 動物や人などへの実験で、有効性が医学的・栄養学的の両方で証明されていること
  • 成分が安全であること

といった、『保健機能食品制度』の基準をクリアし、さらに審査に通過した食品だけが、トクホに認定されています。

そのため位置づけとしては、一般食品と医薬品の中間にある「保健機能食品」に当たるんですよ。

トクホの青汁って実は共通してこんな成分が配合しているんです!

そんなトクホ認定を受けている青汁って、実はあるんです。トクホ認定を受けている青汁は、保険機能成分の『難消化デキストリン』を含んでいる青汁が、多くあげられます。

この成分は、消化しにくい水溶性の食物繊維の一つで、植物から抽出される安全性の高い成分なんですよ。

難消化デキストリンの効果効能を簡単にまとめてみた

  • 腸の調子を整える
  • 食後の血糖値上昇を抑制する
  • 食後の中性脂肪の増加を抑制する
  • ミネラルの吸収率を高める
  • 中性脂肪の増加・蓄積を抑制する

水溶性の食物繊維は、通常の食事だけでは不足しやすい栄養素の一つで、青汁にも原材料由来の食物繊維は豊富に含まれています。

しかし、より健康効果の高いものを望むのなら、トクホの青汁を試しておいて損はありません。

実はトクホの青汁って少ないんです

しかし、トクホの申請は簡単に行えるほど、簡単にできるものではありません。

実はトクホの認定を受けた食品や製品の、約6割以上が2000万円以上の申請費用や実験費用が掛かっているんです。

さらに約1割は1億円以上かけて認定を受けるほど、費用面に厳しさがあります。

それだけではありません。審査自体も非常に厳しく、トクホの認定を受けるためにはかなりのコストがかかってしまうため、トクホの青汁もそこまで多くないんですよ。

トクホの青汁と普通の青汁 私にはどっちがオススメ?

もちろん、トクホ以外の青汁も、法律上で具体的な効果効能を表記できないだけで、健康効果が期待できる商品はたくさんあります。

ただし、トクホの青汁と比較してしまうと、科学的なデータがないので健康効果については若干信頼性が薄くなってしまうんです。

このトクホの性質を踏まえて考えると、

  • 健康効果を重視したい!→トクホの青汁がオススメ!
  • 味や価格も気になる!→トクホ以外の青汁も選ぶのもオススメ!

ということになります。
肝心なのは、どのような栄養や成分がどれくらい入っているのか、ということです。そのため、どの青汁でも、必ず表記を確認するようにしてください。

また、トクホはあくまで食品であり、医薬品のような効果を期待するものではありません。上手に食生活に取り入れて、健康管理に役立てるようにしましょう。

ボタン

トクホの青汁でオススメはコレ!

そんな数少ないトクホの青汁の中でも、特にオススメなのが鷲のマークでお馴染みの、大正製薬から販売されている、『ヘルスマネージ大麦若葉青汁』です。

実はこの青汁、みなさんの目的に合わせて『難消化デキストリン』が配合されているものと、『キトサン』が配合されている青汁の2つから選ぶことができます。

それぞれの特徴を知って、自分に合った青汁を選ぶようにしましょう。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁はどんな青汁なの?

ヘルスマネージ大麦若葉青汁には、国産で無農薬と質の良い大麦若葉だけを使っているので、安心して飲むことが出来ます。

更にこの青汁って健康効果だけではなく、味も非常においしく仕上がっているんです。大麦若葉に抹茶をブレンドすることで、緑茶の様なさっぱりした味わいを実現しています。

難消化デキストリンが配合されている青汁はどんな人にオススメ?

水溶性で溶けにくい難消化デキストリンは、糖の吸収を穏やかにする働きがあり、食事と一緒に摂ることで、糖の吸収が穏やかになり肥満防止や血糖値の上昇を抑制してくれます。

血糖値が気になるお父さんや、メタボ予備軍の一員になってしまった方は、難消化デキストリンが配合されている青汁を試してみてはどうでしょうか。

難消化デキストリン配合の特徴と価格まとめ

内容量 30包(約10日~30日分)
価格 通常価格 3,800円+税
定期購入価格 3,420円+税
1日当たりの価格 127円(定期購入
特徴 ・特定保健用食品(トクホ)の青汁
・大正製薬が自社実験で効果を確認済み
・難消化デキストリン配合で頑固な便秘にも効果アリ!
・解約に制限がありません
主原料 ・大麦若葉(九州産)
・難消化デキストリン
味(飲みやすさ) 緑茶風味(ややクセがあります)
ボタン

キトサンが配合されている青汁はどんな人にオススメ?

健康診断の結果などで、どうしても注目してしまう指標の一つが、『コレステロール』ではないでしょうか。

特に悪玉(LDL)コレステロールが高いと、さまざまな生活習慣のトラブルを引き起こす可能性が高くなってしまいます。

そんなコレステロールを低下させてくれるのが“キトサン”です。

キトサンはコレステロールの吸収を抑え、血清コレステロールの中でも特に悪玉コレステロールを低下させる働きがあります。

そんなキトサンを豊富に配合し、青汁本来の力と合わせてみなさんの健康維持に貢献してくれるんですよ。

キトサン配合の特徴と価格まとめ

内容量 30包(約10日~30日分)
価格 通常価格 3,800円+税
定期購入価格 3,420円+税
1日当たりの価格 127円(定期購入
特徴 ・特定保健用食品(トクホ)の青汁
・大正製薬が自社実験で効果を確認済み
・キトサン配合でダイエットにも効果的
・解約に制限がありません
主原料 ・大麦若葉(九州産)
・キトサン(カニ由来)
味(飲みやすさ) 緑茶風味(ややクセがあります)
キトサン配合の青汁を試す

ほかにもこんな青汁もオススメです!

トクホの青汁以外の青汁の中でも、特にオススメな青汁を紹介していきたいと思います。価格や栄養にもこだわりたい方は、こちらも試してみて損はありませんよ。

極の青汁

極の青汁はサントリーから販売されている青汁です。
サントリーと言えば、多くの飲料品を販売している大手企業の1つ。そんなサントリーが『日本人の野菜不足を真剣に考えて』、極の青汁づくりに取り組んで完成されたのが、極の青汁です。

極の青汁は、国産の大麦若葉と明日葉の2つを主原料として使っており、原料調達の段階から、担当者が直接現地に足を運び、栽培状況や品質を確認するほど、徹底した管理を行っています。

更に製品に加工する工場でも、国が定める以上の品質基準を設け、高品質の青汁づくりに力を入れているんです。

また、極の青汁には野菜ポリフェノールの1つで、抗酸化作用や成人病の予防にも繋がる『ケルセチンプラス』を独自配合することで、野菜の力を効率よく吸収できます。

その上、飲料メーカーならではのこだわりが、極の青汁の『味』です。健康のために毎日飲むことを考えて、サントリーは極の青汁に宇治煎茶や愛知県産抹茶を配合し、日本茶の様な味わいを再現しています。

つまり極の青汁は、毎日おいしく飲みながら栄養をしっかり摂れる青汁なんですよ。

極の青汁の特徴と価格まとめ

内容量 通常サイズ 30包(約10日~30日)
徳用サイズ 90包(約30日~90日)
価格 通常サイズ 3,600円+税(定期コース 3,240円+税)
徳用サイズ 9,000円+税(定期コース 8,100円+税)
1日当たりの価格 通常サイズ 120円(定期購入 108円)
徳用サイズ 100円(定期購入 90円)
特徴 ・国産原料を高品質の青汁として加工
・ケルセチンプラスを独自配合
・日本茶の様な味わいで毎日続けやすい!
主原料 ・大麦若葉(熊本県阿蘇産)
・明日葉(鹿児島県屋久島産)
・抗酸化ルチン(ケルセチンプラス)
味(飲みやすさ) 抹茶風味(かなり飲みやすい)
ボタン

ふるさと青汁

ふるさと青汁は、マイケアから販売されている、明日葉メインの青汁です。

栄養バランスが良く、特にビタミンを豊富に含む明日葉は、カルコンと呼ばれるデトックス効果や美容効果に役立つポリフェノールも多く含まれています。

そんな明日葉を葉っぱから根っこまで、文字通り“丸ごと”使っている青汁なんですよ。

更にクセの少ない国産の大麦若葉や桑の葉も加えることで、抹茶風味で飲みやすい青汁に仕上がっています。

そんなふるさと青汁は、GMP認定工場でいくつもの検査だけではなく、目視や味、香りや真剣さなど厳しい検査をこまめに行い、安心して飲める青汁づくりに力を入れているんですよ。

ふるさと青汁の特徴と価格まとめ

内容量 30包(約1カ月分)
価格 単品購入 3,800円+税
定期コース 3,420円+税
1日当たりの価格 127円(定期コース 114円)
特徴 ・明日葉を丸ごと使用
・マタニティマークとタイアップしている
主原料 ・明日葉(東京都八丈島産)
・大麦若葉(熊本県・大分県産)
・桑の葉(島根県産)
味(飲みやすさ) 抹茶風味(かなり飲みやすい)

まとめ

トクホの青汁は、数ある青汁の中でもほとんど販売されていませんが、少数精鋭と言っていいほど、ピンポイントにみなさんの目的に合ったものが多いです。

しかし、トクホ自体の認定を受けるのに費用がかかってしまうため、トクホの認定を受けていない青汁の中でも、効果効能が期待できる青汁が多いのもまた事実。

青汁を選ぶときには、『健康効果を重視したい』のか、『味や価格も気になる』のか自分で考えてから、トクホの青汁を選ぶかどうか決めてくださいね。

-比較ランキング



Copyright© 青汁ワントゥースリー|おすすめの青汁ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.