ふるさと青汁

ふるさと青汁は痛風にも効果てきめん?おいしく飲んで痛風予防につなげるコツ

投稿日:2017年12月21日 更新日:

「痛む場所が、風が吹くように全身の関節を移動する」
「そよ風でも患部に当たるだけで激痛が走る」

なんて、特徴的な症状が名前の由来となっている“痛風”。ひどいときは骨折なんて目じゃないくらいの痛みが引き起こされる、非常に厄介な疾患として有名な病気ですよね。

そんな痛風にも、“青汁”が効果的!
実は青汁に含まれている栄養素には、痛風の原因を根絶する力があり、毎日1杯の青汁が痛風にならない体づくりをサポートしてくれるんです。

今回は、そんな青汁と痛風の関係性と、おすすめの青汁を紹介しちゃいます。

痛風はなぜ起きる?どんな病気かおさらいしましょう

そもそも、“痛風”ってなんで起きるのか知っていますか?

プリン体が良くないことは何となくわかりますが、なぜよくないのかまではあまり知られていませんよね。

そこでまずは、痛風が起きる仕組みと、その危険度をおさらいしていきましょう。

痛風ってどんな病気なの?

痛風は、尿酸が体内に蓄積することで起こる疾患の1つ。

乳酸は重力の影響を受けて、人の下半身に溜まりやすいため、多くの場合が足の付け根の関節や足首、膝関節に痛みが現れます。ごく稀に、手首やひじの関節に発症することもあるんですよ。

しかも厄介なのが、発作が起こる回数が増えるにつれて重症化する傾向にある事。風が吹くだけでいたくなるのは、かなり重症な時なんです。

合併症状はあるの?

実は痛風を発症する方の約8割が高血圧や高血糖、脂質異常や尿路結石といった症状が合併して起きているんです。

痛風がこれらの疾患の直接的な原因ではないですが、合併症状を見る限り、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞といった、命に係わる重大な疾患に繋がりかねないため、できるだけ早い時期からの対策が必要なんですよ。

痛風になるメカニズムって

ズバリ『高尿酸血症』。
元々私たちの体の中には、一定の濃度の尿酸が存在していて、尿酸の蓄積が排泄を上回り、一定の基準を超えて、高い濃度が続く状態が続くと高尿酸血症になってしまうんです。

そんな尿酸の元となるのが、皆さんご存知『プリン体』。

プリン体が会場に生成されると、その分尿酸の濃度が増してしまい、高尿酸血症に繋がっていしまいます。

「プリン体が痛風を招く」

なんて言われるのは、ここからきているんですね。

痛風になる原因って?

痛風を発症する・しないの分かれ道は、正直なところ、はっきりしていません。

しかし一般的には、

  1. 高カロリーな食事をしている
  2. 毎日晩酌をしている
  3. ストレスが溜まりやすい
  4. 激しい運動を行っている
  5. 水を飲む回数が少ない

といったことが、引き金になっているといわれているんですよ。

つまり、『普段から仕事のストレスにさらされ、定期的な運動をしていない方が、飲み会で浴びるようにお酒を飲んで、脱水症状のまま寝てしまう』なんてことが続けば、いつ痛風になってもおかしくないと言えます。

青汁は最も手軽にできる痛風対策!?その理由とは

そんな痛風の改善に一番効果的なのは、食生活の改善や定期的な運動、そしてお酒を飲みすぎないようにすることです。

しかし、毎日の食卓で痛風対策をするとなると、食費も手間もかかります。そんなときに力強いサポーターになってくれるのが“青汁”なんです!

毎日1杯の青汁が痛風対策になる!?

青汁には、皆さんが不足しがちな野菜に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。

ビタミンやミネラルは、脂質や糖質の代謝を助ける働きを持ち、さらに血糖値の上昇を抑える力もあるんです。

また、青汁を食前に飲むことで、食物繊維が満腹中を刺激してくれるので、食事の量を抑えることができます。

青汁原料の中でも痛風に効く原料とは

そんな青汁原料の中でも、特に痛風に効く原料が『明日葉』と『大麦若葉』の2つなんです!

明日葉

明日葉には利尿作用があるカリウムだけではなく、特有成分の“カルコン”や、クマリンが豊富に含まれています。

特にカルコンは必見!
実はカルコンって、尿酸をはじめとする老廃物を排出する働きがあるんです。そのため、デトックス効果やアンチエイジング効果も期待できます。

大麦若葉

大麦若葉は、飢餓を救うと言われるほど、栄養バランスに優れている青汁原料の1つです。

そんな大麦若葉の中に含まれるカルシウムは、尿酸が結晶化するのを防ぐ重要な栄養素。大麦若葉は、そんなカルシウムが多く含まれています。

 

つまり、痛風対策で青汁が必要な方は『明日葉』や『大麦若葉』が使われている青汁を選ぶようにすると効果的なんですよ。

ふるさと青汁は痛風の対策もばっちりできる青汁です!

痛風に効果的な『明日葉』を使った青汁、どうせなら栄養価の高いものを選びたい・・・。

そう思っている皆さんにオススメなのが、マイケアから販売されている『ふるさと青汁』です。

ふるさと青汁の1番の魅力 明日葉を丸ごと使っている!?

ふるさと青汁の特徴であり1番の魅力は、何といっても明日葉を贅沢に葉っぱから根っこまで『丸ごと』使っているところ。

実は明日葉に含まれるカルコンや食物繊維って、葉っぱよりも根っこの方が含有量は多いんです。マイケアはこの特徴に注目して、明日葉を丸ごと使うことに決めました。

しかも、使われている明日葉は、自然の力をたっぷり吸収した“3年物”を使っているんです。

ふるさと青汁のおいしさの秘訣は青汁原料を独自ブレンドしている?

それだけではありません。
ふるさと青汁は、『毎日美味しく続けられなければ意味がない』と考えられ、甘みのある大麦若葉や桑の葉を独自比率でブレンドしています。

そのため、明日葉の栄養素を活かしたまま、抹茶風味で飲みやすい青汁に仕上がっているんです。

原料には特にこだわりが!?

そんなこだわりが強いふるさと青汁。
もちろん原料にもこだわっています!

ふるさと青汁に使われている『明日葉・大麦若葉・桑の葉』の3つは、それぞれ“純”国産のものを使用しているんです。

  • 明日葉・・・伊豆諸島八丈島産
  • 大麦若葉・・・熊本・大分県産
  • 桑の葉・・・島根県産

しかも、原料産地の自然そのままの土壌を活かした、農薬・化学肥料に頼らない、昔ながらの農法で大切に育てるという徹底ぶり。これなら安心してふるさと青汁が飲めますね!

高品質の青汁をお手元に!マイケアが行っている“品質管理”とは

さらにさらに!ふるさと青汁の品質の高さは、『製造面』でも見ることができるんです!

各地から届いた原料は、厳重に品質管理された国内のGMP認可を受けた工場で、混合・造粒・整粒の工程を経て、丁寧に包装されています。

しかも、工程ごとに人の目視や秤のセンサーといった、何重もの厳しい検査を行い、高い品質を維持しているんです。

品質の高さは意外なところでも評価が高い!

そんなふるさと青汁の品質の高さは、妊婦さんでも安心して飲むことができると認められ、マタニティマークとタイアップ広告を掲載するほどなんです。

まとめ

痛風は一度症状が現れてしまうと、高尿酸血症が改善されない限り再発し、しかも痛みが倍々ゲームのように増えていく厄介極まりない病気です。

しかし逆に言えば、尿酸値を低下させることができれば、発症のリスクを回避することが十分できる病気でもあります。

そのためには、毎日の食生活やストレスフリーな環境づくりなど、『ちょっとの環境の変化』が重要です。

そんな環境の変化をつけるためにも、まずは魅力的な栄養がギュッと詰まったふるさと青汁から始めてみませんか?

-ふるさと青汁



Copyright© 青汁ワントゥースリー|おすすめの青汁ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.